2016.06.05アイスコーヒー

フレンチプレスで作る 風味豊かなアイスコーヒー

Pocket

フレンチプレスを用いれば、ご自宅でも簡単に風味豊かなアイスコーヒーが楽しめます。
コーヒー豆はいつもホットで飲んでいるものでOK。スペシャルティグレードならではの美味しさを、氷で冷やして楽しみましょう。

フレンチプレスで作る美味しいアイスコーヒー 手順

  • 準備するもの
  • 挽き豆をフレンチプレスに入れる
  • お湯を注ぎ抽出する
  • プランジャーを押し下げる
  • 氷を入れたサーバーに注ぎ冷やす
  • グラスに注いで出来上がり

準備するもの

では、フレンチプレスでアイスコーヒーを作ってみましょう。
準備するものは以下の通りです。

フレンチプレス アイスコーヒー

材料:
コーヒー豆 18g (いつもの豆でOK)
お湯 150g
氷 100g (サーバー用)
氷 3個 (グラス用)
※ コーヒー豆1:水15の比率で作ります。

道具:
フレンチプレス
スケール(電子測り)
キッチンタイマー
サーバー(氷を入れるので容量500ml以上がよい)

挽き豆をフレンチプレスに入れる

挽き豆をフレンチプレスに入れる

撮影のため、フレンチプレスのカバーを外しています。

コーヒー豆の挽き具合は、粗挽きがおすすめです。

お湯を注ぎ抽出する

プレスにお湯を注ぐ

お湯は沸騰させたものを使います。量は150gなので、ホットで淹れるときよりもずっと少ない量ですが、注ぎ方は特に変わりません。一回で150g入れ、タイマーを4分にセットしてスタートします。

抽出を待っている間に、サーバーに氷を入れて準備しておきましょう。

tcs20160605.005

プランジャーを押し下げる

フレンチプレス コーヒー

4分間抽出したら、プランジャーをゆっくり優しく押し下げます。早く下げすぎると微粉が舞ってしまい、舌触りが悪くなってしまいますので、ご注意ください。また、あまり強く押し付けすぎると、余分な成分まで抽出されてしまうので、こちらもご注意ください。

氷を入れたサーバーに注ぎ冷やす

プレス コーヒー アイス

氷を入れたサーバーに注ぎ入れます。このときのコツは、ゆっくり細く注ぐこと。そうすることでコーヒーが急冷され、味がしまります。

tcs20160605.007

サーバーに注ぎきったら、よく混ぜて氷を溶かしきります。

ここまでで、湯の量と氷の量を合わせると250gの水を使用したことになります。コーヒー豆と水の比率は、1:15なので、豆18g:水270g。残り20gはグラスに入れる氷で調整します。

グラスに注いで出来上がり

tcs20160605.008

氷を入れたグラスに注げば出来上がりです。

合わせて読みたい|コーヒードリップを徹底ガイド!
→ ハンドドリップ式コーヒー おいしい淹れ方|道具・豆量・温度・コツを徹底解説

通常アイスコーヒーの豆は、深煎りにして芳ばしさを強く出しますが、スペシャルティグレードのものであれば、いつもお使いの豆をそのまま使用できるのが嬉しいポイントです。

スペシャルティコーヒーは、もともとの風味が強いため、アイスにしてもしっかりとした味わいが楽しめます。

ペーパードリップでのアイスコーヒーのレシピはこちら
>> specialty iced coffee をおうちでも|アイスコーヒーの淹れ方ガイド

現在販売中のコーヒー豆一覧はこちら
>> Shopping コーヒー豆

写真で使用したフレンチプレスはこちら
>> ORIGINAL FRENCH PRESS

コーヒープレスまとめ
→ コーヒープレスの使い方|おすすめ3タイプの特徴や違いについて(フレンチプレス、エアロプレス、アメリカンプレス)

BEANS NAVIバナー記事下

Pocket

SERVICE