2017.02.04抽出

How to Brew エアロプレス|コーヒー淹れ方ガイド

Pocket

使いこなせば最強に頼もしいコーヒー抽出ツール【エアロプレス】。注射器のような形状が印象的なこのツールで淹れたコーヒーは、酸味と甘みのバランスが良く、スッキリした後味になります。

コーヒー淹れ方 エアロプレス

当ショップスタッフも愛用しているエアロプレス。お店の味をご自宅で再現できる抽出レシピをご紹介します。


用意するもの

コーヒー 淹れ方 エアロプレス 用意するもの

準備する器具

  • エアロプレス本体一式
  • パドル
  • 漏斗(プレス時の受け用)
  • 専用フィルター
  • ケトル
  • カップ
  • スケール(秤)
  • ストップウォッチ(スマホでOK)
  • グラインダー

材料(マグカップ1杯分)

  • コーヒー豆:20g
  • 挽目:中粗挽き
  • 抽出用のお湯200g
  • 調整用のお湯90g

手順1、コーヒー豆を計量して挽く

20170130tcs.007

20170205tcs.004

挽き目の目安は写真を参考にしてください。メタルフィルターを用いる場合は中粗挽き(上の写真)。ペーパーフィルターを用いる場合はそれよりもやや細かく、中挽きくらいに仕上げるのがポイントです。

手順2、挽いたコーヒー粉をエアロプレスに入れる

エアロプレス 淹れ方 コーヒー

20170205tcs.014

エアロプレスは本体(チャンバーとプランジャー)を組み立てて、逆さまにした状態で粉を入れます。このとき、プランジャーの入りが浅いとお湯が漏れてしまい、逆にあまり深くまでセットしてしまうと、お湯が入りきらないので注意しましょう。

コーヒー粉を入れたら、秤の上に乗せてゼロリセットしておきます。

手順3、フィルターをお湯で濡らす

20170205tcs.005

フィルターを蓋にセットし、少量のお湯をかけておきましょう。フィルターを温めると同時に、表面張力で蓋にしっかり張り付かせる効果があります。

メタルフィルターの向きは、文字の書いている面が上を向くようにセットします。

手順4、最初のお湯を注ぐ(100g)

コーヒーの淹れ方エアロプレス方法

一通り準備ができたので、ここから抽出工程に入ります。抽出に使用するお湯は全部で290gですが、余裕を持って400g以上沸かしておきましょう。

お湯は3回に分けて使用します。100g、100g、90gの順番です。

ストップウォッチをスタートし、まず100gのお湯を注ぎます。

手順5、パドルで撹拌する

20170205tcs.008

コーヒー粉とお湯をしっかり馴染ませる為、エアロプレス付属のパドルで撹拌します。時間をかけず、優しく手早く混ぜるのがポイント。

ここまでの目安時間は30秒以内です。

手順6、2回目のお湯を注ぎ(100g)フィルターをセット

20170205tcs.009

2回目のお湯を注ぎます。最初に入れたお湯と合わせて200gになるように手早く注ぎます。

コーヒー淹れ方 エアロプレス フィルター

フィルターをセットした蓋を装着します。スクリューロックになっているので、しっかり閉めましょう。

ストップウォッチをスタートしてから、ここまで1分以内に完了してください。

手順7、逆さまにして押し出す

20170205tcs.012

スタートから1分が経過したら、エアロプレスを逆さまにしてカップに乗せ、プランジャーを押して中身を押し出していきます。

押し出す速度は、一定に保ち、途中で早くしたり緩めたりしないことがポイントです。30秒を目安に押し切れるようコントロールできるとGood。空気の漏れる音がしたら、押し切れた合図です。

手順8、残りのお湯(90g)を注ぐ

20170205tcs.013

最後のお湯90gはカップに注ぎ足し、エアロプレスから抽出したコーヒーの濃度を調節します。
お好みで湯量を調整しても大丈夫です。
お湯を注ぎ終えたら、濃さが均一になるようにスプーンで軽く混ぜて出来上がり。


美味しく淹れるためには

エアロプレスで美味しく淹れるコツは、プランジャーを一定のスピードで押し切ることです。このスピードが一定に保てると、中の圧力が一定になり、美味しく仕上がります。

また、手順が多いので、抽出に慣れる必要があります。
慣れてくると好みの味にコントロールできるようになる抽出器具ですので、抽出時間、湯量、押し切るタイミングなどを変えながら、自分好みのコーヒーを楽しんでみてください。

習得すれば強力な飛び道具になること間違いなし

味や操作が特徴的なエアロプレスをマスターできれば、時間のない朝やゴミを出したくない旅先など、色々なところで活躍してくれること間違いなしです。

それでは、エアロプレスで素敵なコーヒーブレイクをお過ごしください!

スペシャルティコーヒーってなに?という方はまずこちら
→ スペシャルティコーヒー入門まとめ

BEANS NAVIバナー記事下

Pocket

SERVICE