2017.06.25アイスコーヒー

水出しアイスコーヒーと急冷式アイスコーヒーの違いを考察

Pocket

コールドブリューコーヒーこと『水出しコーヒー』。そのすっきりとした味わいと、誰でも簡単に淹れることができるスタイルで、最近人気の飲み方となっています。

そこで気になったのが、同じ豆で作った場合、急冷式アイスコーヒーと、水出しアイスコーヒーとで、味や風味がどのように変わるのかということ。

今回の考察記事は、その違いについて解説していきます。

水出しコーヒーの抽出方法は2種類

水出しコーヒーと一口に言っても、その抽出方法は様々。ハンドドリップ同様にいろいろな器具が市販されており、どの器具を使用するかで味が変化します。

そのすべてをひとつひとつご紹介したいところですが、今回は大きく分類した【浸け置き抽出】と【滴下抽出】の2種類で検証していきます。

浸け置き抽出のレシピ
→ フレンチプレス|簡単水出しコーヒーの作り方

滴下抽出のレシピ
→ ウォータードリップサーバーを使用した 美味し水出しコーヒーの作り方

ハンドドリップ(急冷式)アイスコーヒーと水出しアイスコーヒーの違いを見てみよう

急冷式アイスコーヒーと、水出しアイスコーヒーの違いを見ていきましょう。急冷式は、ハンドドリップのペーパーフィルターを使用しました。

今回検証に使用した豆はこちら。

ダークミックス
深煎り。しっかりした口当たりとほのかな甘さ。
丁寧な焙煎と配合により、飽きのこないビターなオリジナルミックス。

ブルンディ ムニンヤ
中煎り。アプリコットやオレンジ、ブラウンシュガーの風味。
豊かな質感があり、後味に甘さが残ります。

上記2種類の豆を、それぞれ【急冷式】【水出し浸け置き】【水出し滴下】で抽出し、味や風味を比較してみました。

ダークミックスの場合

ハンドドリップ急冷式
鼻から抜ける香りがしっかり感じられる。
とろみのある質感としっかりとしたボディ感で、後味も長く感じることができる。

水出し浸け置き
香りが乏しいが、全体的な味のバランスはよい。
後味は非常にすっきりしており、キレよく終わる。

水出し滴下
浸け置きよりはしっかりと抽出されている印象。
急冷式ほどではないが、香りも甘さも感じられ、質感もなめらか。

ブルンディ ムニンヤ の場合

ハンドドリップ急冷式
香りを強く感じることができ、味のバランスがとても良い。
しっかりとした甘さと、とろみのある質感。

水出し浸け置き
酸味が主体的に抽出されている。
非常にすっきりとした印象。

水出し滴下
浸け置き同様、酸味が主体的。
コーヒーとしてのバランスはよくないが、柑橘系のジュースのようなさっぱりとした味が新鮮。

まとめ

検証の結果、やはり THE COFFEESHOP で普段取り扱っているスペシャルティコーヒーは、【急冷式アイスコーヒー】が向いていると言えます。

しかし、以前も書いた通り、コーヒードリンクの別ジャンルとして【水出し】を楽しむことはおおいに◎です。

風味は出にくいのですが、よりすっきりとしたコーヒーがお好みの方にはおすすめです。簡単にたくさん仕込んでゴクゴク飲めちゃうのも水出しコーヒーの魅力ですね。

水出しに使用する豆は、中煎りの豆よりも、しっかり焙煎した深煎りの豆のほうが、味がしっかり出るため向いています。

THE COFFEESHOP 水出しミックス 発売中

今回の検証結果を受け、THE COFFEESHOP でも水出しコーヒー用に焙煎・ブレンドを行いました。

商品ページはこちら
→ コールドブリューミックス

ぜひお楽しみください。

BEANS NAVIバナー記事下

Pocket

SERVICE