毎日飲みたい!飽きないコーヒーの条件とは?どんなコーヒーにも共通する”美味しさ”の秘密

2021.12.17


みなさんは、毎日コーヒーを飲んでいますでしょうか?
コーヒーという飲み物は日常で欠かせない相棒として多くの人に親しまれていますが、「毎日飲みたい!」と思えるコーヒー豆との出会いは、とても幸せなことですよね。
そう思えるためには、当然飽きない美味しさが最も大切ですが、嗜好品であるコーヒーは、焙煎度合いや淹れ方で味わいが大きく違ってきます。

【毎日飲みたいコーヒーの条件とは?】どんなコーヒーにも共通する”美味しさ”の秘密

今回は、浅煎り・深煎りと区別するのではなく、どんなコーヒーにも共通している美味しさの条件はあるのか?
どうすれば好みの味わいのコーヒーを見つけることができるのか?について、深掘りしていきたいと思います!

そもそも”美味しいコーヒー”ってどんなもの?

【毎日飲みたいコーヒーの条件とは?】どんなコーヒーにも共通する”美味しさ”の秘密

先ほども述べたとおり、コーヒーの味わいは実に千差万別。
同じオリジンであっても、焙煎度合いや抽出方法によって出てくる風味は異なります。

浅煎りの酸味や爽やかな香りが楽しめるコーヒーも、深煎りで苦味がありしっかりした飲み口のコーヒーも、どちらかが美味しい・不味いというのは一概には言えません。
味の好みは人それぞれなので、酸味や苦味の有無で”美味しいコーヒーの条件”とは断定できないと思います。

しかし、どんなコーヒーであっても共通の、”美味しさ”に直結する大事な部分というものは存在します。
それは、『淹れたコーヒーが、最後の一口の後味まで美味しく感じられること』。

淹れた直後は美味しく感じても、後味に雑味を感じたり、冷めてくるにつれて嫌な酸味を感じてしまい、好みと違った!飲みきれない!と思ったこと、どなたでもあるのではないでしょうか?

スペシャルティコーヒーの世界では、そんな後味や温度帯による味わいの変化を評価する項目として『アフターテイスト』、『クリーンカップ』という評価項目が設けられています。
この項目は、どんな焙煎度合いに関わらず大切なポイントとして、”美味しさ”に直結する部分となるのです。

コーヒーの評価方法に関しては別記事をご覧ください
コーヒーの評価方法|カッピングってなに? ≫

口に残る味わい アフターテイストとは

【毎日飲みたいコーヒーの条件とは?】どんなコーヒーにも共通する”美味しさ”の秘密

『アフターテイスト』とは字面の通り、コーヒーを飲んだ後に口に残る味わいや香りの印象のことを指します。
このコーヒーの余韻=アフターテイストが、心地よくポジティブな印象で終わるものは、品質の良いコーヒー豆ということになります。

ポジティブなカップコメント例 (COEマニュアルより抜粋)

① Sweet (甘さの余韻)
② Cleanly Disappearing (きれいに後味が消える)
③ Pleasantly Lingering (心地良い後味が持続する)など

ネガティブなカップコメント例

Bitter(刺激のある苦味)
Astringent(収斂性がある・渋み)
Dirty(ホコリっぽい・曇った印象)など

この中で一番よく目にするポジティブなコメントは『Sweet』だと思いますが、後味がコーヒー本来の甘さで完結するという意味合いになってきます。

Pleasantly Lingeringは同じような意味合いのLong After Tasteと表現されることも多く、こちらも多くのカップコメントで用いられる用語です。

一方、ネガティブなカップコメントがつけられることも。アフターテイストの評価は、スペシャルティコーヒーとそれ以外のコーヒーを見分ける際の大切なポイントにもなっています。

例えば『キレのある後味』という場合、これはアフターテイストが悪いため、後味の余韻が短くキレを感じるということではなく、②のCleanly Disappearingのように曇りのない印象で後味が終わることが理想的だと思います。

尖っている印象で終わるのではなく、あくまでも後味が心地よく感じることが大切です。

雑味なくクリアな飲み心地 クリーンカップとは

【毎日飲みたいコーヒーの条件とは?】どんなコーヒーにも共通する”美味しさ”の秘密

続いては、『クリーンカップ』という評価項目について。
これは、一言で言ってしまえば『コーヒーに透明感があるかどうか』です。

この『透明感』とは見た目の色味ではなく、味わいに曇りや瑕疵がないか、雑味を感じることなく豆の持ち味がきれいに表現されているかを評価しています。
クリーンカップの評価が高いコーヒー豆は、ネガティブな味わいがなく、豆本来のフレーバーや酸味、甘みなどをクリアに感じることができます。

逆にいうと、クリーンカップに劣るコーヒーでは、フレーバーなどの要素も感じづらくなってしまいます。

浅煎り・深煎りに関わらず、クリーンカップの良し悪しはコーヒーの美味しさに直結する部分ですので、ぜひ注目してみていただきたいと思います。

また、淹れたコーヒーが温度帯によって雑味を強く感じたり、コーヒーの液体にざらつきを感じる場合も、クリーンカップの評価が関係してきます。
特に深煎りのコーヒーを飲まれる方は、フレーバーよりも後味の綺麗さに注目すると、この項目がわかりやすくなるかもしれませんね。

毎日飲みたいコーヒーの条件

ここまで、どんなコーヒーにも共通する大切な”美味しさ”のポイントである、『アフターテイスト』と『クリーンカップ』の内容を見てきました。

もちろんそれ以外のカッピング項目(フレーバーや酸味、甘さ、マウスフィールなどなど)も”美味しさ”直結する要素ですが、上記の2項目はそれ以外の項目にも影響するような、”美味しさの前提”としての役割を果たしています。

『アフターテイスト』『クリーンカップ』の評価が低いコーヒーは、それ以外の項目の評価も下がる傾向があり、冒頭の『毎日飲みたいコーヒーの条件』として、大事になってくる部分です。

そういう意味では、カッピングによって80点以上という基準が設けられたスペシャルティコーヒーは、『毎日飲みたいコーヒー』にとても近いと言えます。

もちろんコモディティコーヒーやプレミアムコーヒーが美味しくないということではなく、一定の品質が保証されたスペシャルティコーヒーを選ぶことは、毎日飲みたいお気に入りのコーヒーを見つけるための近道になるかもしれませんね。

ぜひみなさんもお気に入りのコーヒーで有意義な時間をお過ごしください!


SERVICE