2016.02.26焙煎

コーヒー豆の飲み頃は、焙煎〇〇日後がベスト

Pocket

コーヒー豆は、焙煎後何日くらいがベストな飲み頃かご存知でしょうか。

焙煎したてのコーヒー豆というと、焼きたてのパンとか、炊きたての米のように、そのタイミングが一番美味しいような気がします。

しかし、実はコーヒーの場合は、焙煎したてよりも何日か経ってからの方が、味も香りも引き立ち、ベストな飲み頃となるのです。

920b47c8ebdb4b24b89fa76ce1748af8_s

焙煎したてのコーヒー豆の味の特徴

焙煎したての豆は、コーヒーとしてはベストな飲み頃ではありませんが、決して美味しくないというわけではありません。

ただし、焙煎したての豆は炭酸ガスを多く含んでいるため、抽出が難しく、味も落ち着いていない印象です。

自宅で焙煎し、あえてそれを好んで楽しむ方もいらっしゃいます。

飲み頃となるのは焙煎後〇〇日後

では、いつが飲み頃かというと、一般的には焙煎3日後から14日後までが飲み頃とされています。

コーヒーの風味が安定する焙煎3日後から、香りの抜け始める14日後くらいまでという認識です。

以前の検証記事で、豆の保存方法について書きましたが、2週間以上の保存で、ある程度の風味を保つには、道具と工夫が必要になります。>> 徹底検証!コーヒー豆の正しい保存方法

THE COFFEESHOP では、スペシャルティコーヒーの風味を損なわない『焙煎後3日〜10日』を飲み頃の目安としています。

焙煎後の味の変化について、さらに詳しく知りたい方は、こちらのエントリーをお読みください。
>> 焙煎直後のコーヒー豆って、実は美味しくない?!

挽いてしまったら早めに飲むこと

ただし、上記の飲み頃期間が当てはまるのは、豆の状態のみとなります。

挽いてしまった場合は、表面積が大きくなる分、酸素と触れる部分が多くなり、劣化が早まります。

関連記事はこちら
>> コーヒーミルをすすめる本当の理由

スペシャルティコーヒーで特別な時間を楽しむためにも、飲む直前に飲む分だけ挽くことができるコーヒーミルは、ぜひ持っておいてほしいところです。

挽き豆をご購入の際は、お早めにお楽しみください。

BEANS NAVIバナー記事下

Pocket

SERVICE