全商品100%返金保証 | THE COFFEESHOP(ザ・コーヒーショップ)

全商品100%返金保証

THE COFFEESHOPの商品をもっと気軽にお試しいただきたい。
そんな思いからTHE COFFEESHOP ONLINE STOREでは全商品100%返金保証を実施することにいたしました。

「コーヒーは口にするものだし、一度お店に行って飲みたいけどなかなか行けない…」
「海外で作られているものもあるから、実物を見ないと不安…」
と思われている方にも安心してご購入いただけます。

お使いいただいて、もしお送りした商品の使い心地やコーヒーの風味がお気に召さなかった場合、商品の到着日から2週間以内であれば商品代金を全額返金いたします!!

この機会に是非、私達が紹介しているこだわりのコーヒー、こだわりの器具の品質を実感してください。

返金保証のご案内

お申込みの際は必ず、当ページをお読みいただき、返金保証をお受けできない項目に該当がないかご確認ください。


返金保証のお申込み手順

下記の手順に従って、お手続きください。
なお、返金保証のお申込みの前に、必ず「返金保証規定」をご確認ください。

1.商品をご返送される前に、必ず返金保証のお申込みをメールにてお送りください。

 ※詳しくは「返金保証のお申込み方法」をご参照ください。

2.当店より返金保証の受付確認および返品に関するご案内のメールをお送りします。

3.返品に関するご案内をもとに、商品の梱包を行ってください。

4.指定の配送方法にて商品をご返送ください。※送料はお客様負担(元払い)となります。

5.ご返送の商品を当店にて確認後、返金処理をいたします。
 ※システムの都合上、返金処理に数日かかる場合がございます。ご了承ください。

6.返金完了のご連絡メールをお送りいたしますので、これをもって完了となります。


返金保証のお申込み方法

返金保証専用のメールアドレス( order@thecoffeeshop.jp )にて受付いたします。
メールには下記の内容を必ずご記入ください。

件名:返金保証の申込み
・お名前
・ご住所
・受注番号 ※納品書をご参照下さい
・返品する商品の商品名、数量 ※納品書をご参照下さい
・返品理由(例:コーヒーの風味が気に入らなかった、器具が使いにくかった等)
・返金先の銀行口座 ※お支払い方法が「商品代引」の場合のみ必要

※返金保証専用のメールアドレス以外にお申込みいただいた場合または記入漏れがある場合は、受け付けいたしかねますのでご注意ください。


返金方法について

返金方法は、ご購入時のお支払い方法によって異なります。

・クレジットカード

ご利用頂いたクレジットカードへ返金額を振り戻しいたします。
※カード会社の締日により、一度引き落とされ、後日返金される場合がございます。
※決済変更処理ができず、銀行振込での返金となる場合もございます。ご了承ください。

・商品代引

銀行振込にて返金させていただきます。返金保証の申込み時に、返金先の銀行口座をご指定ください。

・全額ポイント利用

返金額分のポイントを振り戻しいたします。


返金保証規定

・THE COFFEESHOP ONLINE STOREでお買い上げの商品・お客様が対象です。
・コーヒー豆の返品の場合、品質・味等を当店にて確認するため、未使用分を必ずご返品ください。
・商品の到着日から2週間以内にお申込みください。2週間以上経過した場合は、お受けできませんのでご了承ください。
・返金は商品代金のみのご返金とさせていただきます。ご購入時の送料および決済手数料は返金対象外となりますので、ご了承ください。
・返金方法は、ご購入時のお支払い方法によって異なります。
・商品の返送にかかる送料、振込手数料(銀行振込による返金の場合)はお客様負担となりますので、ご了承ください。
・商品の返送の際は、履歴(伝票)が残る「宅配便」または「ゆうパック」をご利用ください。
 ※配送伝票の控えはご精算完了まで必ず保管してください。
 ※普通郵便などの配送伝票の控えが残らない返送方法は、トラブル防止のためご遠慮ください。
・返品された商品のポイントは無効となりますのでご了承ください。
・商品は紛失・破損のない状態でお送りください。 ※セット商品は、セット内容すべてをまとめてご返送ください。
・同一商品を複数購入し返金保証をお受けになる場合、使用されるのは1つの商品までで、他のものは未開封の状態でお送りください。
・ご購入時にポイントを獲得されている場合は、獲得されたポイント相当額を差し引いての返金となります。

[個人情報の取り扱いについて]
返金保証のお申込みで収集したお客様の個人情報は、ご返金のみに使用します。
収集された全ての個人情報は本人の同意なく外部機関に対してそれら情報の交換・売買・共有を行うことはありません。なお、個人情報保護法の定める開示義務に基づいては、情報を公開できるものとします。
プライバシーポリシーの詳細については、こちらをご覧ください。