2018.11.14

オリジナルブレンド作製いたしました|株式会社ユーザベース様

Pocket

株式会社ユーザベースの皆様とオリジナルブレンドコーヒーを作製いたしました。写真とともにレポートいたします。

目次

  • まずはテーマ決めから
  • オリジナルブレンド作製スタート!
  • 初めてのカッピング
  • 試行錯誤のブレンディング
  • 出来上がり|皆さんで作り上げたコーヒーの味は?

まずはテーマ決めから

ご好評いただいております THE COFFEESHOP のオフィスコーヒーサービス。今回は株式会社ユーザベースの皆様と、オリジナルブレンド を作製させていただきました。

オリジナルブレンドコーヒー newspicks

オリジナルブレンドを作製するにあたり、まず最初に行うのはテーマ決めです。どんなテーマを設定し、それに見合うコーヒーとはどんな味なのか。コーヒーの利用シーンや、飲む時間などからゴールを決めていきます。

ロースター萩原より、スペシャルティコーヒーについてのレクチャーもさせていただき、皆様と楽しく議論させていただきながら、今回のテーマを決めさせていただきました。

↑ NewsPicks のマグカップ。かわいいですね。

オリジナルブレンド作製スタート!

今回のブレンド作製にあたり、THE COFFEESHOP ロースター萩原が用意した豆は10種類。その中からテーマにあったものを6種類ピックアップし、ブレンディングを行いました。

チョイスした豆をグラインダーで挽き、その状態で香りをチェックしていきます。

オリジナルブレンド作製風景

専門用語では『ドライ』という工程になりますが、普段なかなか複数のコーヒー豆を嗅ぎ分けるということはなさらないと思います。オリジナルブレンドの作製では、こうした体験も含めて楽しんでいただければ幸いです。

初めてのカッピング

ブレンディングは豆の状態ではなく、まずは液体の状態で作製していきます。その際は、カッピングという方法を用いて行います。

湯を注いだ時の膨らむ様子や、立ち込める香りがなんともそそりますよね。毎回テンションが上がる瞬間です。

浮遊している豆と泡を丁寧に取り除いていただいたら、カッピング準備完了です。

試行錯誤のブレンディング

カッピングの準備が整ったところで、実際にブレンドしていきます。数種類のコーヒーを各々思いのままに1:1、1:1:2などと混ぜ合わせて、味をチェックしていきます。

この時あらためてわかることですが、先にテーマをしっかり決めておくことで、その方向に向かって進めていくことが可能です。

テーマ決めをおろそかにしてしまうと、ゴールがわからず迷子になってしまいますので、ご注意ください。

出来上がり|皆さんで作り上げたコーヒーの味は?

一通りブレンドを行った後は、それぞれがテーマにもっとも合っていると思う配合を発表し合い、皆さんで意見交換を行っていただきました。

そして最後は決選投票へ。多数決で UZABASE ORIGINAL MIX を決めていただきました。

ロースター萩原コメント:
今回皆様にお作りいただいた UZABASE ORIGINAL MIX は、赤ワイン、ダークチョコレート、ブラックチェリー、シトラスの風味があり、記憶に残るエキゾチックなアロマが魅力的なコーヒーに仕上がりました。
『気持ちを切り替える』という目的にもぴったりの、印象的な酸味も特徴です。
また、滑らかな質感と、長く続く甘さも上手く表現されています。

後日、オリジナルドリップバッグも作製させていただきました。

撮影・取材にご協力いただきました株式会社ユーザベースの皆様、ありがとうございました!

オリジナルブレンド・ドリップバッグのお問い合わせはコチラ
→ THE COFFEESHOP オフィスコーヒーサービス一覧

Pocket

SERVICE