2020.04.02店舗情報

ジャパンハンドドリップチャンピオンシップ(JHDC)2020へTHE COFFEESHOPスタッフが出場しました!

Pocket

先日行われたジャパンハンドドリップチャンピオンシップ2020に、THE COFFEESHOPからスタッフの黒田、高橋が出場しました!

ジャパンハンドドリップチャンピオンシップとは?

”《ジャパン ハンドドリップ チャンピオンシップ(以下、JHDC)》は、コーヒー専門店から各家庭まで、日本で最も親しまれている抽出方法『ハンドドリップ』に特化した競技会です。(中略)より多くの人々にコーヒーを『手で淹れる』ことの魅力を伝え、日本の『ハンドドリップコーヒー』の素晴らしさを世界に向けて発信していきたい、そんな願いを込めた競技会です。”(日本スペシャルティコーヒー協会HPより)

日本人に最も馴染み深い抽出方法であるハンドドリップの技術を競うこの大会は、全国6会場でトーナメント予選が行われます。

予選ではすべての参加者が同じ課題豆を使用、抽出器具もスポンサー指定のものから選択しなければいけないという条件のなか、いかに優れたコーヒーを抽出できるかを競います。

同じく抽出に関する競技会としてJBrC(ジャパンブリュワーズチャンピオンシップ)がありますが、こちらは豆や器具の選択も自由なルール。その点では、今回挑戦したJHDCの方が、より純粋に抽出への理解と技術を競う大会だと言えます。

大会出場に向けた準備

予選では、競技時間8分間の中で、1杯分の抽出と2杯分の抽出を行い、提出しなくてはいけません。

ジャッジによる評価は、その2種類の抽出の均一性と、2杯分抽出の味覚審査によって行われます。そのため、まずはどんな豆でも1杯抽出と2杯抽出とが同じ味になるような抽出レシピを作る必要があります。

実際に競技に使用する豆は、オリジン名や精製方法こそ事前に発表されるものの、実物は当日まで手にすることができません。事前準備では、おそらく近しい風味だと思われる豆を使って、夜な夜なレシピ作成に取り組みました。

出場前の意気込み

スタッフ黒田

◯なぜ出場しようと思ったのですか?

もともと店の焙煎を担当しているが、抽出に関してはちゃんと向き合う機会が少なく、理解を深めたいと思いました。

◯目指す抽出のテーマは?

普段の店での抽出に還元できるレシピ、理論を突き詰めたいと思っています。いま、店で使用しているV60レシピを基準に、同じ方向性で精度を上げてバージョンアップ。そうすることで、普段の営業に活かしていきたいです。

◯そのためにどんなことを準備しましたか?

まず最初に、ハンドドリップに詳しい高橋くんにアドバイスを求めました。TDS、収率など、抽出理論について改めて勉強し、そこから挽き目、粉量などの変数を色々と試しながら、実際の数値と理論値の比較を繰り返して、理解と認識を増やしていきました。なにを変えれば味がどう変化するのか、という材料を増やすことで、どんなコーヒーでも美味しく淹れられることを目指します。

◯ずばり目標は?

目標は高く、優勝したいです!

スタッフ高橋

◯なぜ出場しようと思ったのですか?

そもそもTHE COFFEESHOPで働き始めたのも、美味しいコーヒーを淹れるバリスタに憧れたから。今年大学を卒業し、就職するにあたって、コーヒーだけにしっかり向き合える時間も少なくなってしまうので、THE COFFEESHOPで働いた3年間の集大成として挑戦したいと思いました。

◯目指す抽出のテーマは?

まずはネガティブが出ないコーヒー。その上でフレーバーやアシディティをうまくプラスしていきたいです。

◯そのためにどんなことを準備しましたか?

まずは、コンテストで勝つコーヒーはどんなものか?ということの理解。受賞歴のある店へ行って飲んだり、話を聞いたり、過去の大会の動画を検証したり。それをもとにレシピ作りと検証に取り組みました。また、課題豆はどんな焙煎具合かもわからないので、どんな豆がきても対応できるような対策を意識しました。

◯ずばり目標は?

まずは1回戦突破を果たしたいです!

いよいよ大会本番!その結果は…?

二人の出場した東京予選は、3月2日と3日の2日間に渡って開催されました。新型コロナウイルスの影響で、当日は無観客・サポーター無しという状況に。そのため、残念ながら当日の様子を撮影することはできなかったので、写真はSCAJコーヒーブリュワーズ委員会のFacebookよりお借りしました。

結果は、健闘むなしく二人とも惜しくも予選敗退…。

競技会で上位にいくためには、レギュレーションの深い理解や、プレッシャーに勝つための強いメンタルなど、多くのものが必要になると改めて感じる大会でした。

もちろん今回の挑戦で終わりではなく、検証の中で得た知見を、普段の店舗での抽出に活かし、また来年以降の競技会にもチャレンジしていきたいと思っています!

次回、YouTubeで二人の抽出レシピをご紹介!

今回、黒田・高橋がJHDCに挑んだ抽出レシピを、THE COFFEESHOPのYouTubeチャンネルにて動画でご紹介します!

それぞれのドリッパーさえあれば、特別な器具は必要ありませんので、ぜひご自宅でもお試しください!

近日公開予定ですので、試してみての感想やご意見などもお待ちしております!

THE COFFEESHOPのYouTubeチャンネルでは、抽出レシピの紹介や器具検証の動画を日々更新中!HPのマガジン記事と合わせて、ぜひお楽しみくださいね!

THE COFFEESHOP youtubeチャンネル

Pocket

SERVICE