2016.04.23アイスコーヒー

specialty iced coffee をおうちでも|アイスコーヒーの淹れ方ガイド

Pocket

ご自宅でも簡単にできるアイスコーヒーの淹れ方を写真で解説。
スペシャルティコーヒーは、味も風味もしっかりしているので、氷で冷やしても美味しくいただけます。
暑い季節もいつもの豆で。極上のアイスコーヒーを楽しみましょう。

(今回はハンドドリップでの抽出方法をご紹介しております。フレンチプレス、エアロプレスでのアイスコーヒーの抽出方法は、記事最下部にリンクがございます。)

美味しいアイスコーヒーの淹れ方ガイド

それでは、淹れ方を解説していきます。

  • 準備するもの
  • スケールにサーバーを乗せる
  • サーバーに氷を入れる
  • ドリッパーをセットし、挽き豆を入れる
  • お湯を注ぎ、コーヒーを抽出する
  • サーバーの氷を溶かしきる
  • 氷を入れたグラスに注いで出来上がり

準備するもの

お一人分のアイスコーヒーを淹れるための材料と道具は以下の通りです。

材料:
コーヒー挽き豆25グラム(いつもの豆でOK)
氷175グラム(約7〜9個。2回にわけて使用。)
湯200グラム

道具:
ドリッパー
フィルター
サーバー(氷を入れるので容量500ml以上がよい)
スケール(電子測り)
キッチンタイマー
グラス

スケールにサーバーを乗せる

20160423tcs_001

スケール(電子測り)は 1グラム単位 でわかる家庭用のもので十分です。

サーバーですが、氷を入れるので、余裕を持って500ml以上入る大きさのものを用意しましょう。

サーバーに氷を入れる

20160423tcs_002

20160423tcs_003

サーバーに氷100グラムを入れます。

ご家庭の製氷機でできるサイズの氷ですと、だいたい4個〜6個が目安量です。

ドリッパーをセットし、挽き豆を入れる

20160423tcs_004

20160423tcs_005

ドリッパーとフィルターは、お好みのものをお使いください。

写真で使っているのは、ハリオV60ドリッパーと、able brewing社のステンレスフィルター『KONE』です。

お好みのコーヒーの挽き豆を25グラムを入れ、平にならしておきます。

挽き目はホットの抽出と同じく中粗挽き(メタルフィルター用)ですが、このレシピで薄く感じる場合は
少し細かくしてください。

お湯を注ぎ、コーヒーを抽出する

20160423tcs_006

タイマーをスタートし、抽出スタート。(写真はタイマー内蔵の測りを使用しています。)

まずは少量の湯で挽き豆を全体的に濡らし、40秒間蒸らします。

その後数回にわけて湯を注ぎ、2分〜2分30秒の間に200グラムの湯を注ぎきるよう、抽出します。

ホットコーヒーを淹れる時よりも、湯の量が少ないので、心持ちゆっくりめに注ぐと上手くいきます。

サーバーの氷を溶かしきる

20160423tcs_007

20160423tcs_008

抽出が完了したら、ドリッパー内の氷が全部溶けるように混ぜます。

ここまでで、湯の量と氷の量を合わせると、使用した水は300グラムになります。

氷を入れたグラスに注いで出来上がり

20160423tcs_009

残りの氷、75グラム(約3個)を、グラスに入れ、抽出したコーヒーを注いだらできあがり。

どの豆でもアイスに出来ます

THE COFFEESHOP で扱っているコーヒー豆は、どれを選んでいただいても個性豊かなアイスコーヒーを楽しんでいただけます。

もちろん BDS(Beans Delivery Service) でお届けしている豆でも、美味しいアイスコーヒーを作れますので、ぜひチャレンジしてみてください。

< BDSとは >
毎月2回、焙煎直後の新鮮なスペシャルティコーヒーを送料無料でポストへお届けするコーヒー定期便。ご自宅にいながら、カンタンに最高のスペシャルティコーヒーを楽しめます。

bnr_bds_title

画像クリックでBDS詳細ページにリンクします。

他のアイスコーヒーの抽出レシピ

iced_fp

フレンチプレスを用いたアイスコーヒーの作り方はこちらを(↑)クリック。

エアロプレス アイスコーヒー

エアロプレスを用いたアイスコーヒーの作り方はこちらを(↑)クリック。

フレンチプレス 水出し

フレンチプレスを用いた水出しコーヒーの作り方はこちらを(↑)クリック。

Pocket

SERVICE