2016.06.12アイスコーヒー

エアロプレス|短時間で出来る美味しいアイスコーヒーの作り方

Pocket

味の安定感と、効率的な抽出作業で定評のあるエアロプレス。

簡単にコーヒー専門店の味が再現出来るということで、使いこなしている方も増えてきているのではないでしょうか。

今回はエアロプレスで作るアイスコーヒーレシピをご紹介します。

エアロプレス アイスコーヒー 淹れ方

エアロプレスで作る美味しいアイスコーヒー 手順

  • 準備するもの
  • 挽き豆をエアロプレスに入れる
  • お湯を注ぎ抽出する
  • フィルターをセットする
  • 氷を入れたサーバーに注ぎ冷やす
  • グラスに注いで出来上がり

準備するもの

では、エアロプレスでアイスコーヒーを作ってみましょう。
準備するものは以下の通りです。

材料:
コーヒー豆 18g (いつもの豆でOK)
お湯 120g(80℃)
氷 100g (サーバー用)
氷 3個 (グラス用)
※ コーヒー豆1:水13 の比率で作ります。

道具:
エアロプレス
スケール(電子測り)
キッチンタイマー
サーバー(氷を入れるので容量500ml以上がよい)

挽き豆をエアロプレスに入れる

エアロプレス アイスコーヒー 豆を入れる

エアロプレスをプランジャーをセットした状態にし、逆さまにしてスケールに乗せます(インバーテッド方式)。

そこに18g計量した挽き豆を入れ、ゼロセットしておきます。

コーヒー豆の挽き具合は、ペーパーフィルターなら中挽き、メタルフィルターなら中粗挽きがおすすめです。使用するフィルターによって使い分けてください。

お湯を注ぎ抽出する

エアロプレスの仕様が80℃推奨となっているため、沸騰してから少し冷ます必要があります。沸騰させたお湯をポットから別容器に移して、約1分30秒置いておくと80℃に下がります。

だいたい80℃に下がったお湯を120g計量しながらエアロプレスに注ぎ、タイマーをスタートします。

20160611tcs.003

お湯は始め50g注ぎ、パドルで撹拌。その後残り70gを注ぎ入れます。

20160611tcs.004

抽出時間は1分30秒、そこからプランジャーで押し出す時間が30秒、合計2分で淹れていきます。タイマーをセットする場合は2分にセット、もしくはストップウォッチモードで使いましょう。(写真ではストップウォッチとして使っています。)

フィルターをセットする

エアロプレス アイスコーヒー

お湯を注ぎ終えたら、手早くフィルターをセットします。抽出時間は1分30秒なので、その時間内にセットを完了してください。

氷を入れたサーバーに注ぎ冷やす

エアロプレス アイスコーヒー 作り方

タイマーが残り30秒(1分30秒経過)となったところで、エアロプレスをひっくり返し、プランジャーを押してコーヒーを出していきます。

氷を入れたサーバーに直接押し出していけばOKです。タイマーが鳴るまでゆっくりと押し出していきます。

サーバーに出しきったら、よく混ぜて氷を溶かしきってください。

グラスに注いで出来上がり

美味しいアイスコーヒー エアロプレス

氷を入れたグラスに注げば出来上がりです。

通常アイスコーヒーの豆は、深煎りにして芳ばしさを強く出しますが、スペシャルティコーヒーは、もともとの風味が強いため、いつもホットで飲んでいる豆で美味しく淹れることができます。

エアロプレスのアイスコーヒー、ぜひお試しください。

合わせて読みたい記事

コーヒードリップを徹底ガイド!
→ ハンドドリップ式コーヒー おいしい淹れ方|道具・豆量・温度・コツを徹底解説

ペーパードリップでのアイスコーヒーのレシピはこちら
>> specialty iced coffee をおうちでも|アイスコーヒーの淹れ方ガイド

現在販売中のコーヒー豆一覧はこちら
>> Shopping コーヒー豆

フレンチプレスでのアイスコーヒーのレシピはこちら
>> フレンチプレスで作る 風味豊かなアイスコーヒー

コーヒープレスまとめ
>> コーヒープレスの使い方|おすすめ3タイプの特徴や違いについて(フレンチプレス、エアロプレス、アメリカンプレス)

BEANS NAVIバナー記事下

Pocket

SERVICE