リンス不要!臭いのないウェーブフィルターのご紹介!【NANA Competition Wave Filters】

2024.05.20


近年スペシャルティコーヒーの盛り上がりが著しく、良いコーヒーを求める消費者が増えると共に、ローカルロースターのレベルも上がってきているタイ・バンコク。
そんなバンコクのコーヒーシーンの最先端を走る、現地で最も人気のあるロースター、NANA COFFEE Roastersが開発した最新のウェーブ型フィルターをご紹介します。

使用してみてわかった、特徴や抽出したコーヒーの味わいなどをまとめていますので、ぜひ最後までご覧ください。

NANA Competition Wave Filters(ナナ ウェーブフィルター)とは

2024年4月にシカゴで開催されたWorld Brewers Championshipに向け、Thailand National Brewers ChampionやWorld Siphonist Championを擁するタイのNANA COFFEE Roastersが開発した最新のフィルターです。

NANA Competition Wave Filters(ナナ ウェーブフィルター)

カリタウェーブドリッパー155にぴったりなサイズ感で、コーヒーの持つフレーバーをより鮮明に表現することを目的に開発されました。
世界中のペーパーフィルターを実際に試し、納得いくまでとことん検証したという、こだわりが伺える商品です。

ブランド:NANA COFFEE roasters
材質:Premium paper pulp
容量:1箱50枚入り
使用可能なドリッパー:Lili Dripper Mini / Kalita Wave Dripper 155 / Origami Dripper / Orea Brewer V3 Small / 等

ウェーブフィルターに最適!ウェーブ型(平底型)ドリッパーとは?

今回ご紹介しているNANA Competition Wave Filtersは、平底型のドリッパー専用のフィルターです。
一言に平底型といっても、様々なメーカーから多様なタイプが発売されています。

最新のドリッパーだと価格も張る場合が多く、フィルターとの相性・手に入れやすさを考慮し、THE COFFEESHOPでは〈Kalita Wave Dripper 155〉または〈Lili Dripper Mini〉と組み合わせた抽出がおすすめです。
円錐型ドリッパー同様、根強いファンが多い平底型ドリッパーですが、まずは特徴をおさらいしましょう。

ウェーブ型(平底型)ドリッパーの特徴

日本の老舗器具メーカー・Kalita(カリタ)が開発したウェーブドリッパーに代表される、円錐型の三角形の頂点を横に切ったような形状のドリッパー類を指します。ドリッパーの底面が平らになっているので、平底型とも言います。

ドリッパーによってお湯が抜ける早さはまちまちですが、円錐型に比べてコーヒー粉の層が薄く広がるため、お湯が均一に行き渡るのが特徴。
注ぐ早さに気をつければ、再現性高く安定した抽出をしやすいドリッパーです。

カリタウェーブフィルター155との比較|ペーパーリンスは必要か?

ペーパーフィルターは使用前にリンスを行い、紙の匂いを取ることが一般的ですが、ナナ ウェーブフィルターはリンス不要というのが公式発表されています。
比較対象として、Kalitaウェーブ専用として販売されている、カリタWaveフィルター155と比較検証してみた結果、ペーパーフィルターの匂いは控えめですが、包装で使用しているプラスチックの袋の匂いが移ってしまっている?という印象でした。

そのため、使い始めの数枚はリンスすることをおすすめしますが、開封後はジップロックなど別容器で保存していただくことで、その後はリンスしなくても使用していただけると思います。

NANA Competition Wave Filters(ナナ ウェーブフィルター)

Lili Dripper Miniで抽出したコーヒーの味わい

続いて、公式におすすめのドリッパーとして挙げられているLili Dripper Mini(リリ・ドリッパー・ミニ)を使用して、ナナ ウェーブフィルターで抽出しました。

検証レシピ

粉:15g
湯量:50g(93℃)+170g(70℃)

0:00 – 0:40 93℃のお湯50mlを全体に回すように注ぐ
0:40 – 1:10 70℃のお湯を50mlを中心に向かって注ぐ
1:10 – 1:40 70℃の60mlを全体に回すように注ぐ
1:40 – 2:10 70℃の60mlを中心に向かって注ぐ

抽出中は、特に後半の目詰まりが少なく、お湯抜けがスムーズな印象。
出来上がったコーヒーは甘さが強く、酸味にも丸みがありバランスのいい仕上がりです。

クオリティーの高いコーヒー豆を使用する際に、いかにネガティヴな味を取り出さないかという観点がよく反映された商品だと感じました。

NANA Competition Wave Filtersのご購入はオンラインショップで

今回は最新のペーパーフィルター、NANA Competition Wave Filters(ナナ ウェーブフィルター)をご紹介しました。
一箱50枚入りで1,500円以上と少しお値段は張りますが、コーヒー好きの方へのプレゼントなどにもおすすめです。

国内在庫が少なく、THE COFFEESHOPでも在庫限りの販売となる予感。ご興味ありましたらお早めにオンラインショップをご覧ください!


SERVICE