2019.04.11抽出

レベル別|コーヒードリッパーおすすめランキング2019

Pocket

2019年版コーヒードリッパーおすすめランキングをレベル別に作ってみました。初心者・中級・上級と、それぞれのレベルに合わせて2つずつ選んでいます。あなたにぴったりなドリッパー、ぜひ見つけてみてください。

おすすめコーヒードリッパーランキング

目次

これからコーヒーを始めたい!初心者におすすめのドリッパー|安定した抽出ができるものを選ぼう

では早速いってみましょう!まずはコーヒードリップ初心者におすすめのドリッパーです。

これから自分でコーヒーを淹れられるようになりたいけど、ドリッパーっていっぱいあってどれを選んだらいいかわからない。または、自分なりに始めてみたものの、お店で飲むコーヒーのような美味しさが作れない。

そんな悩みがある方におすすめしたいのは、安定性が高いドリッパーです。

コーヒーを美味しく淹れるには、お湯の量・豆の量・抽出時間 の3つをコントロールする必要があります。

THE COFFEESHOP の抽出レシピも、どのタイミングでどれだけの量のお湯を注ぐ…という作りなので、必然、お湯を注ぐスピードのコントロールも重要になってきます。

始めたばかりの時は、それがなかなか難しいと思いますので、注ぐ側ではなく、お湯の出口側で時間を調節してくれるドリッパーを選ぶ。そうすることで、注ぎ側のブレをチャラにしてしまいましょう!

初心者向けおすすめドリッパー1位:ドリルドリッパー

初心者おすすめ1位はこちら。ドリドリこと、ドリルドリッパーです。

ドリルドリッパーは、専用のアタッチメントが2つ付属しており、ドリッパー出口側の速度を調節することが可能です。

なので、お湯の注ぎ方が多少雑でも、ドリッパーがなんとかしてくれます。

初心者向けおすすめドリッパー2位:カリタドリッパー

初心者おすすめ2位はこちら。カリタ式ドリッパーです。

カリタ式ドリッパーは、底穴が3つ。注いだお湯がドリッパー内に止まる時間が短く、スルスルと流れ落ちていく形状です。

カリタ式ドリッパー

こちらは先ほどのドリドリとは逆に、湯の注ぎが遅い人におすすめ。多少もたついてしまっても、過剰抽出になりにくく、雑味が出にくいのが特徴です。

一般的なコーヒーマシンと同じペーパー形状(台形)を使用しますので、ハンドドリップとマシンドリップを使い分けたいという場合にも便利ですね。

もっと上手くなりたい!コーヒー中級者におすすめのドリッパー|好みに合わせた自在性を重視しよう

続いて、ある程度の練習を重ねたコーヒー中級者におすすめのドリッパーです。

中級者ともなると、いろいろな味のコーヒーにチャレンジしたくなるもの。家の冷蔵庫にまだ豆が残っているのに、ついつい新しいお店で豆を買ってしまう…。

そんな好奇心の味方となってくれるのが、好みの味を作り出しやすい、自在性のあるドリッパーです。

自分の好みがわかり始めている中級レベルでは、どの豆でも好みの味が導き出せるよう、ある程度の自在性があるドリッパーを選ぶようにしましょう。

中級者向けおすすめドリッパー1位:ハリオV60

THE COFFEESHOPの店頭でも使用しているハリオV60は、中級者に絶対的におすすめなドリッパーです。

ハリオV60ドリッパー

ハリオV60ドリッパー

底穴のサイズ、リブの形状、円錐の角度など、計算され尽くした設計で、どんな豆でも上手くまとめることが可能です。

もちろん、抽出レシピありきなので、THE COFFEESHOPのレシピを参考に、チャレンジしてみてください。

中級者向けおすすめドリッパー2位:コーノ名門ドリッパー

円錐形ドリッパーの元祖とも言われているコーノ名門ドリッパー。こちらも自在性高いため、中級者におすすめです。

一見、ハリオV60と同じ形状ですが、リブの形が異なります。(角度も微妙に違うのかな?)

ハリオV60と同じレシピで抽出した場合、スッキリとした印象のコーヒーに仕上がるため、柑橘系の爽やかなフレーバーを持つコーヒーを好みの方には、特におすすめのドリッパーとなります。

中級者向けおすすめドリッパー3位:ORIGAMIドリッパー

中級者ともなると、見た目にも楽しいアイテムを選びたくなるもの。そこでおすすめしたいのが、ORIGAMIドリッパーです。

origamiドリッパー

オシャレなだけでなく、性能においても素晴らしい。Brewers Cup の日本チャンピオンと中国チャンピオンがそれぞれ決勝で使用したという、まさに折り紙つきの実力派アイテムです。

どんな形状でも攻略!コーヒー上級者になったら楽しみたいおしゃれドリッパー

コーヒードリップ歴1年を超えれば、立派な上級者。ここまでくれば、ドリッパーがどんな形状であろうと、最適なレシピを導き出すことができます。つまり、性能どうこう関係なく、おしゃれなものにもチャレンジできてしまう。

え?本当に?

ぜひチャレンジしてみてください!

→ オリガミドリッパーセットのご購入はこちら

上級者向け(チャレンジしてほしい)おすすめドリッパー1位:セイントアンソニー フェニックス70

形だけ見るとなんだこれ?という感じの変わり種ドリッパー。これはコーヒードリップ上級者以外は触らない方が無難です。なにしろ高い!8,000円くらいします。

フェニックス70

セイントアンソニードリッパー

ペーパーも専用のものが必要です。これも高い!通常の円錐用の1.5〜2倍くらいの価格です。

ペーパーはセットすると円錐型になりますが、ハリオやコーノよりも角度がキツめです。そのため、豆の量を同じにしたとしても、豆の層は厚めになります。

しっかりと濃い味のコーヒーを作るのに向いていますが、湯量のコントロールでいくらでも調整が可能なので、自分なりに美味しいレシピを作ってみてください。

上級者向け(チャレンジしてほしい)おすすめドリッパー2位:カリタ ウェーブ

上級者向けドリッパー、もうひとつのおすすめは、カリタのウェーブドリッパーです。

コーヒードリッパー カリタウェーブ

コーヒードリッパー検証

ペーパーが可愛らしいウェーブ状になるおしゃれドリッパー。いつものコーヒーがいつもと違って見えるもの良いところですね。

ドリップ時は、お湯が通るスピードがとても早いため、お湯を注ぐスピードだけではコンロトール不能。豆の挽き目までしっかりコントロールすることが必要になります。

まとめ

以上、レベルに合わせたコーヒードリッパー、選んでみました。それぞれ、過去に検証もしていますので、詳細を知りたい方は、下記の記事も読んでみてくださいね!

初心者向けドリッパー
→ ドリルドリッパーで美味しく淹れる方法
→ カリタ式ドリッパーの特徴とコーヒーの味

中級者向けドリッパー
→ ハリオV60ドリッパーの特徴とコーヒーの味
→ コーノ名門ドリッパーの特徴とコーヒーの味
→ ORIGAMIドリッパーの特徴とコーヒーの味

上級者向けドリッパー
→ フェニックス70の検証
→ カリタウェーブの検証

BEANS NAVIバナー記事下

Pocket

SERVICE