2019.12.20グッズ

高級ドリッパーを入門価格で!コレス ゴールドフィルターC245 レビュー!

Pocket

憧れの高級コーヒードリッパー『コレス ゴールドフィルター』 。マジなやつは、お高くてちょっと手が出せないけど、手軽に踏み込めるものがあるならぜひ欲しい。

コレスゴールドフィルター台形

そのニーズに答えてくれるのが、台形タイプのゴールドフィルター。フルメタルではない分、コストを抑えて、最高級の性能を楽しむことができます。

特徴、使い勝手など、お伝えしていきます。

目次

コレス ゴールドフィルター C245 とは|コスパに優れた入門器

ゴールドフィルターは、コーヒーツールブランド cores のハンドドリップ用フィルターです。coresのキャッチコピーは、『Coffee as it is』。見た目は同じでも、1杯1杯異なる個性を持つコーヒーの『それぞれ』を『そのまま』に楽しむことをコンセプトに、スペシャルティコーヒー関連のグッズを販売しています。

cores coffee 公式サイトはこちら
https://cores.coffee/

コレスゴールドフィルターc245

今回ご紹介するのは、台形タイプのC245。メタルとプラスチックを組み合わせた作りになっています。全てを金メッキのメタル製で仕上げたコーンタイプと比べて、コストは控えめ。手軽な価格で、高級ツールユーザーの仲間入りを果たすことができます。

コーンタイプは別記事にてご紹介しております。こちらも合わせてご覧ください。
→ 流石の実力!高級ドリッパー cores コレス ゴールドフィルター で淹れるクリアなコーヒー

ゴールドフィルターC245

型番:C245
サイズ:W10.5cm×D9.0cm×H7.5cm
乾燥重量:20g
フィルター材質:24金メッキSS
抽出量:1〜2杯
定価:3,000円(税別)

市販のコーヒードリップマシン(台形フィルターを使うもの)でも、利用可能です。

縦長メッシュの金メッキフィルター

ゴールドフィルターの特徴的なポイント2つ。『縦長メッシュ』と『金メッキ』です。

縦長メッシュ穴で目詰まりしにくい

ゴールドフィルターのメッシュ穴は、他のメタルフィルターと異なり、細長いの長方形。この形状によって、目詰まりを防ぎ、湯が落ちるスピードを妨げません。

金メッキコーヒーフィルター

↑ ご覧の通り、抽出中はフィルター外側に滲み出てくるコーヒーを、はっきりと見て確認することができます。

落ちる湯のスピードが変わりにくいため、抽出レシピの再現性にも優れています。毎回安定して美味しいコーヒーを淹れることが可能です。

また、縦長メッシュのメリットには、コーヒーのオイル分がしっかりと落とせるということもあります。

風味を邪魔しない純金フィルター

もう一点、特徴的なポイントは、フィルターの素材。ゴールドフィルターの名の通り、純金メッキの素材を使用しています。

純金メッキコーヒーフィルター

↑ コレス公式サイトより引用。金メッキは、金属の味や臭いが少なく、コーヒーにそれらが移ることを極力抑えられる。

クリーンな中に豊かなフレーバー!質感にも優れるコーヒー

今回は、ROAST WORKSのブリュワー高橋が、ゴールドフィルターC245専用に抽出レシピを開発。レシピと留意点をお伝えいたします。

ブリュワー高橋コメント:
ドリッパーの特性上、豆の挽き目が細かいと、カップに微粉が多く入ってしまいます。反対に粗すぎても、湯が抜けるのが早くなりすぎて、抽出不足になってしまいます。なので、豆の挽き目はいくつか試してみて、適正なところを探ってみてください。

参考記事
→ 検証|コーヒー豆の挽き目とコーヒーの味の関係とは

ゴールドフィルターC245用 コーヒー抽出レシピ

【準備】

【抽出】

スタートから10秒以内:お湯40g

40秒から55秒まで:お湯40g追加

1分05秒から1分15秒まで:お湯40g追加

1分25秒から1分35秒まで:お湯60g追加

1分40秒から1分45秒まで:お湯60g追加

1分50秒から1分55秒まで:お湯60g追加

コーヒーが落ち切ったらドリッパーをサーバーから外して完成。落ちきりタイムの目標は、2分5秒〜2分10秒。

蒸らしは40gの湯で40秒。そこから40gを2回、60gを3回に分けて注ぎます。と、これだけ聞くとペーパーフィルターでの抽出と同じです。

変わっているのは、湯を注ぐのに要する時間。蒸らしの後の1投目はゆっくり15秒ほどかけて注ぎ、2投目3投目は10秒、4投目5投目はさらに手早く5秒ほどで注ぐという手順です。

クリアなコーヒーに仕上がる

ブリュワー高橋コメント:
前半部分でフレーバーやアシディディが決定するため、特に前半はゆっくり注ぎます。お湯と豆を触れ合わす時間を増やし、ここで良い成分を引き出していきます。早く注ぐと、本当にすぐ流れ落ちてしまうので、注意しましょう。後半は、湯の投入時間を短めにしますが、焦らず丁寧に注ぎましょう。前半ゆっくりした分、後半を早めることで、クリアな仕上がりになります。

まとめ

以上、コレス ゴールドフィルターC245について、お届けいたしました。構造が非常に特徴的ですが、どれもコーヒーを美味しく淹れるための工夫になっており、非常に趣のあるドリッパーでしたね。

価格も高級ツールの中では入門といって差し支えない、優しめの設定になっていますので、ご興味のある方は、ぜひコレスの公式サイト、覗いてみてください。

cores coffee 公式サイトはこちら
https://cores.coffee/

合わせて読みたい記事

自分にあったドリッパーを見つけたい
→ レベル別|コーヒードリッパーおすすめランキング

ペーパーフィルターでのハンドドリップを覚えたい
→ ペーパードリップ式 美味しいコーヒーの淹れ方|初心者でも失敗しないレシピ

コーヒーのオイル分について知りたい
→ コーヒーのオイル分とはなにか

BEANS NAVIバナー記事下

THE COFFEESHOPインスタグラム

Pocket

SERVICE