2016.11.19抽出

ドリッパー検証|ハリオV60ドリッパーで淹れたコーヒーの特徴は

Pocket

主流4種のドリッパーで出来上がるコーヒーをそれぞれ見ていきます。まずはハリオV60ドリッパーから。このドリッパーは THE COFFEESHOP の店舗メニューでも使用しています(金属フィルターで使用)。

%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%aa%e5%bc%8f-004

目次

  • HARIO ハリオ V60ドリッパー の特徴
  • ハリオV60で淹れたコーヒーの特徴

HARIO ハリオ V60ドリッパー の特徴

ハリオV60ドリッパーの特徴は、正円錐型の本体形状と、リブの形状です。

%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%aa%e5%bc%8f-001

リブの数は12本。これはドリッパーの大きさが変わっても同じ本数です。今回は1〜4人用のV60-02を使用し、ペーパーフィルターを用いて抽出してみました。

ハリオV60で淹れたコーヒーの特徴

今回の抽出レシピは以下の通りです。

コーヒー豆:ニカラグア – ラス サバナス
挽き目:中挽き
豆量:20g
湯量:300g
湯温度:93度

< 抽出レシピ >
経過時間 | 注ぐ湯量
〜10秒 | 40g
40秒〜50秒 | 90g
60〜70秒 | 150g
80〜90秒 | 220g
100〜110秒 | 300g

%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%aa%e5%bc%8f-003

リブがドリッパー上部にまであるため、ドリッパーとペーパーフィルターが張り付きにくくなっています。上記レシピにて湯を注ぎ終えてから、完全に落ちきるまでの時間は147秒でした。

%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%aa%e5%bc%8f-005

%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%aa%e5%bc%8f-002

< 出来上がったコーヒー >
ほどよいチョコレート感。
甘みと酸味のバランスが良い。

今回のレシピですが、THE COFFEESHOP で独自に作ったハリオV60用のレシピなので、当然美味しいコーヒーが抽出できました。

ハリオやコーノなどの円錐型のドリッパーは、湯を注いでから落ちるまでの時間が早いため、注ぐ量とタイミングをコントロールすることで、出来上がるコーヒーの特徴もコントロールしやすいという傾向があります。

続いて、コーノ式ドリッパーでの抽出試してみましょう。
→ コーノ名門ドリッパーで淹れたコーヒー

BEANS NAVIバナー記事下

Pocket

SERVICE