2016.12.26抽出

続・ドリッパー検証【クリスタルドリッパー】【サイフォンドリッパー】

Pocket

続・コーヒードリッパー検証。KEYCOFFEEのクリスタルドリッパーと、カリタのサイフォンドリッパーで抽出してみました。

目次

  • KEYCOFFEE クリスタルドリッパー で淹れたコーヒー
  • カリタ サイフォンドリッパー で淹れたコーヒー
  • まとめ

抽出レシピは共通のものを使用。ドリッパーによって生じる違いを観察していきます。

コーヒー豆:ホンジュラス – オーランド アリータ
挽き目:中挽き
豆量:20g
湯量:300g
湯温度:93度

< 抽出レシピ >
経過時間 | 注ぐ湯量
〜10秒 | 40g
40秒〜50秒 | 90g
60〜70秒 | 150g
80〜90秒 | 220g
100〜110秒 | 300g

KEYCOFFEE クリスタルドリッパー で淹れたコーヒー

KEYCOFFEE クリスタルドリッパーは、ミラーボールのようなデザインで、見た目にも楽しい円錐型ドリッパーです。ペーパーフィルターはハリオV60用のものを使用しました。

同じ円錐型ですが、ハリオV60やコーノ式と異なり、リブというものがありません。代わりにダイヤ形状の凹凸がドリッパー全体付けられています。

抽出は、注ぎ終えてから24秒で完了しました。以前の検証で、ハリオV60は37秒だったので、それより早めの抽出時間になりました。

キーコーヒー クリスタルドリッパー

KEYCOFFEE クリスタルドリッパーで淹れたコーヒーは、酸味がしっかりと前面に抽出されており、明るい印象の仕上がりになりました。これはこれで美味しく飲めますが、もう少しゆっくりめに抽出することで、甘みなどとのバランスがとれた仕上がりにすることができます。

<KEYCOFFEE クリスタルドリッパーで美味しく淹れるには>
抽出速度がやや早いため、豆が粗めの粒度の場合は注湯速度をよりゆっくりとコントロールすること、もしくは細かめに挽くことで、美味しく淹れることが可能になります

カリタ サイフォンドリッパーで淹れたコーヒー

カリタ サイフォンドリッパーは、カリタ定番の台形型ドリッパー。通常の底面3つ穴ではなく、側面の1つ穴が出口になっています。

ドリッパー内に長く湯だまりができるため、浸漬法に近い抽出条件になっています。実際に淹れてみたところ、抽出にかかった時間は、湯の注ぎ終わりから63秒。合計で173秒でした。

カリタ サイフォンドリッパー 抽出時間

合計時間150秒以内を目指して作っているレシピなので、サイフォンドリッパーには不向きでした。抽出時間がかかり過ぎてしまい、出来上がったコーヒーは狙った味になりませんでした。全体的に重たい印象のコーヒーになりました。

< カリタ サイフォンドリッパーで美味しく淹れるには >
注湯速度が限定されており、抽出時間を短くすることが難しいので、専用のレシピを考察する必要がある。
上記のレシピは、
このドリッパーには不向きになります。以前検証したメリタ式の一つ穴ドリッパーも同じ理由で不向きです。

次回は、リバーズ ケイブとフェニックス70を検証してみます。
→ 2016/12/30アップ

BEANS NAVIバナー記事下

Pocket

SERVICE