HOME > コーヒー豆 > Peru(ペルー) / COE2017#19 Finca Rojas(フィンカ ロハス)

COE#19!豊かなフレーバーを持つ、ナチュラルプロセス!

Peru(ペルー) / COE2017#19 Finca Rojas(フィンカ ロハス)

Peru(ペルー) / COE2017#19 Finca Rojas(フィンカ ロハス)

おすすめNEW!!

100g1,350円(税抜)

[135ポイント進呈]

挽目
グラム数
数量
レビューを書く
POINT10%
  • ※ポイント10%還元 >ポイントについて
  • ※コーヒー豆のみ送料無料(400gまで)
  • ※12時までの注文で当日出荷

※200g以上の購入で割引、買えば買うほどお得になります。
(数量は変えず、グラム数を変更してください。)

BEANS INFO

ロースター(焙煎士)コメント

中煎り。白桃やアップルなど様々なフルーツのフレーバー。

ROAST 焙煎度

焙煎度

フレーバーがより華やかに感じられる中煎りです。

  

ACIDITY 酸味

酸味

明るい果実の酸味があります。

FLAVOR フレーバー

フレーバー

中煎り。フローラルで白桃やアップルなど、様々なフルーツの風味。
滑らかな質感で、甘い余韻が長く残ります。

オススメ抽出スタイル:エアロプレス

フローラルで複雑な味わいを、エアロプレスがより引き出してくれます!

★エアロプレス抽出レシピは こちら

エアロプレス

ORIGIN INFO

COE#19!豊かなフレーバーを持つ、ナチュラルプロセス!

現在のロハス農園の主であるサウル氏は、1970年にペルーの中央高原地域から移住をしてきました。
そしてフニン県サティーポのマイクロクライメイト(微小気候)に感銘を受けました。
良質なコーヒー栽培に欠かすことの出来ないマイクロクライメイト。
その素晴らしい気候は、サウル氏にコーヒー栽培を決意させるには充分な理由になりました。
やがて、彼らはそのポテンシャルを存分に引き出す事に成功し、高品質のコーヒーを継続して生産することになります。

今回、見事Cup Of Excellence 入賞という栄光に輝いたFinca Rojas農園。2006年に設立され、その当時は僅か1ヘクタールという栽培用地でのスタートでした。
その後、7年の年月を経、2013年に3ヘクタールになり、現在では4ヘクタールまで拡大するに至ります。
情熱を注ぎ、継続的に素晴らしいコーヒーを生み出してきたからこその結果と言えます。

実際の農場では、技術支援を惜しみなく行っています。そのため、働く人々は体を壊す事なく、持続可能な労働を行う事が出来ています。
その支援は環境保護や農業慣行にも及び、地域の人々の暮らしを支えているのです。
今やロハス農園は、Cup Of Excellenceを入賞するほどの素晴らしいスペシャリティコーヒーの生産と、その需要に誠実に応える事で知られる農園となりました。

白桃、アップル、ベリーなど様々なフルーツを感じるコンプレックスなフレーバー。
貴重なペルー産のナチュラルプロセス・ロット、是非この機会にお楽しみください!

【生産者】サウル・ロハス・マルパティーダ氏
【農園】ロハス農園
【地域】サティーポ、フニン県
【標高】1550m
【品種】レッドカトゥーラ、イエローカトゥーラ
【生産処理】ナチュラル