HOME > コーヒー豆 > CostaRica (コスタリカ) / La Montana (ラ・モンターニャ)

カップ・オブ・エクセレンス2017、15位入賞!

CostaRicaLaMontana

CostaRica (コスタリカ) / La Montana (ラ・モンターニャ)

おすすめNEW!!

100g1,400円(税抜)

[140ポイント進呈]

挽目
グラム数
数量
レビューを書く
POINT10%
  • ※ポイント10%還元 >ポイントについて
  • ※コーヒー豆400gまで送料無料
  • ※12時までの注文で当日出荷

※200g以上の購入で割引、買えば買うほどお得になります。
(数量は変えず、グラム数を変更してください。)

BEANS INFO

ロースター(焙煎士)コメント

ブルーベリーのような風味や、キャラメルのような甘さが特徴のCOE入賞ロットです。

ROAST 焙煎度

焙煎度

甘さと質感のバランスが良い中煎りです。

  

ACIDITY 酸味

酸味

柑橘系とリンゴのようなアシディティがあります。

FLAVOR フレーバー

フレーバー

中煎り。アップル、ブルーベリー、はちみつの風味。キャラメルのような甘さがあり、後味も長く続きます。柑橘系やリンゴのような酸味。クリーミィな質感。

オススメ抽出スタイル:フレンチプレス

様々な風味を感じられるフレンチプレスがおすすめです。

★フレンチプレス抽出レシピは こちら

フレンチプレス

ORIGIN INFO

カップ・オブ・エクセレンス2017、15位入賞!

国際品評会であるカップ・オブ・エクセレンス。2017年は、90ロットがエントリーしました。その後。37ロットが国内審査を通過し、国際審査では、29ロットがCOE受賞となりました。
今回ご紹介するのは、15位に輝いたラ・モンターニャ農園です。 ラ・モンターニャ農園が位置するウエストバレーエリアは、コスタリカの高品質なコーヒーの生産を支え、近年のCOE優勝農園を多く輩出する名生産地です。 この周辺は、野生動物が多く生息し、山では清涼な湧水があり、人々の生活だけでなく、コーヒーを生産する環境にも優れています。 ラ・モンターニャ農園を所有するオルデマール・ファミリーも、2013年のカップオブエクセレンスでフィデル農園のバージンクロップが優勝を果たし、その名を一躍有名にしました。

現在は、「フィデル」、「サポテ」、「ラ・カサ」の3つの農園を所有し、フィデル農園は標高の違いで2つの区画に分けられ、このラ・モンターニャと今回のCOEで16位になったエル・ボスケの2つに分かれています。 2017年COEでは、#9サポテ、#10 エル・コラル、#15モンターニャ、#16ボスケと、4つのロットが入賞を果たしました。

ラ・モンターニャはスペイン語で【Mountain】を意味し、農園の最上部という意味を持ちます。 今回のカツアイ以外にもビジャサルチやブルボン・ゲイシャなどの希少な品種が生産されています。 農園内は、土壌分析や植物分析に基づいて、肥料や栽培方法の改善を徹底して、毎年安定した品質と収穫量を保つ工夫がなされています。
ドライミルも兼ね備え、最終的なハンドピックまで自分たちの手で責任を持って、徹底的になされているのが、COE1位を受賞しながらも謙虚に情熱的に生産に向き合う彼らの姿勢を物語っています。

【生産者】マルコ・V・アリエッタ・ブレネス/オルデマール・アリエッタファミリー
【農園】ラ・モンターニャ
【地域】ウェストバレー、ナランホ、ロウルデス
【標高】1,700m
【品種】カツアイ
【生産処理】ウォッシュト