HOME > コーヒー豆 > El Salvador(エルサルバドル) / Topacio(トパーシオ)

カップ・オブ・エクセレンス2017、8位入賞!

El Salvador(エルサルバドル) / Topacio(トパーシオ)

El Salvador(エルサルバドル) / Topacio(トパーシオ)

おすすめNEW!!

100g1,400円(税抜)

[140ポイント進呈]

挽目
グラム数
数量
レビューを書く
POINT10%
  • ※ポイント10%還元 >ポイントについて
  • ※コーヒー豆400gまで送料無料
  • ※12時までの注文で当日出荷

※200g以上の購入で割引、買えば買うほどお得になります。
(数量は変えず、グラム数を変更してください。)

BEANS INFO

ロースター(焙煎士)コメント

ジューシーな質感と甘さが素晴らしいCOE受賞ロットです。

ROAST 焙煎度

焙煎度

質感と甘さのバランスが良い中煎りです。

  

ACIDITY 酸味

酸味

柑橘系の明るい酸味があります。

FLAVOR フレーバー

フレーバー

中煎り。レッドアップルやミルクチョコレート、アーモンドやトロピカルフルーツの風味。
柑橘系のアシディティとジューシーな質感。チョコレートやキャラメルのような甘さがあり、後味も長く続きます。

オススメ抽出スタイル:フレンチプレス

様々な風味が感じられるフレンチプレスをお勧めします。

★フレンチプレス抽出レシピは こちら

フレンチプレス

ORIGIN INFO

カップ・オブ・エクセレンス2017、8位入賞!

2017年度カップ・オブ・エクセレンス、第2弾はエルサルバドルよりご紹介します。
大粒品種パカマラをハニープロセスで処理した、ジューシーで甘さのある8位入賞ロットになります。

2017年のエルサルバドルCOEに参加したロットは全部で184ロット。
その中から国内審査を通ることができたのが34ロットになります。
ここから3回の審査を経て、合計24ロットがカップ・オブ・エクセレンス受賞となりました。

トパーシオ農園は、12ヘクタールの広大な森林に隣接したアパネカから続く山脈の山頂に位置しています。
この他にも、ディアマンテ農園、アウソル農園と3つの農園と精製所を所有しています。
100年以上に渡ってコーヒーを生産してきた、生産者のマリアさんの家系は、エルサルバドルでも歴史のある生産者一族です。
4代目となるマリアさんも、小さな頃から祖父母に農園に連れてきてもらい、華やかな赤いチェリーを摘んでは、褒めてもらう、そんな幼少期を過ごしたそうです。
まるで祖父のようにコーヒー生産に情熱を抱く、学生時代の学友であるレオポルドさんと結ばれ、農園を引き継ぎました。現在は、5代目となる息子夫婦、6代目になると言ってくれる13歳の孫セバスチャンと苦楽を共にコーヒー生産に従事しています

【生産者】マリア・エレナ・アヴィーラ
【農園】トパーシオ農園
【地域】ソンソナテ・フアユア
【標高】1,500m
【品種】パカマラ
【生産処理】ハニープロセス