HOME > コーヒー豆 > Costa Rica(コスタリカ) / Los Angeles Typica(ロス・アンヘレス・ティピカ)

ゲイシャを思わせる華やかな品種、ティピカ・メホラード!

Costa Rica(コスタリカ) / Los Angeles Typica(ロス・アンヘレス・ティピカ)

Costa Rica(コスタリカ) / Los Angeles Typica(ロス・アンヘレス・ティピカ)

おすすめNEW!!

100g1,300円(税抜)

[130ポイント進呈]

挽目
グラム数

申し訳ございません。
人気商品につき、商品は完売いたしました。

レビューを書く
POINT10%
  • ※ポイント10%還元 >ポイントについて
  • ※コーヒー豆のみ送料無料(400gまで)
  • ※12時までの注文で当日出荷

※200g以上の購入で割引、買えば買うほどお得になります。
(数量は変えず、グラム数を変更してください。)

BEANS INFO

ロースター(焙煎士)コメント

華やかな風味を持った珍しい品種のコーヒーです。

ROAST 焙煎度

焙煎度

風味と甘さのバランスが良い中煎りです。

  

ACIDITY 酸味

酸味

柑橘系の爽やかなアシディティがあります。

FLAVOR フレーバー

フレーバー

中煎り。ジャスミン、アップル、チェリー、メイヤーレモンの風味。
なめらかな質感。後味も長く続きます。
キャンディのような甘さ。
柑橘系の爽やかなアシディティ。

オススメ抽出スタイル:フレンチプレス

風味を存分に感じることができるフレンチプレスをお勧めします。

★フレンチプレス抽出レシピは こちら

フレンチプレス

ORIGIN INFO

ゲイシャを思わせる華やかな品種、ティピカ・メホラード!

ロス・アンヘレスは生産処理場(マイクロミル)の名前で、コスタリカのタラス地区にあります。
ロス・アンヘレスのオーナーはいくつか農園を所有しており、その中のひとつ「ラ・エストレジャ」は、2011年のカップオブエクセレンスにおいて1位を獲得した事もある、素晴らしいマイクロミルです。

今回ご紹介するドン・カイート農園のロットは、ロス・アンヘレスマイクロミルが3年前に購入した新しい農園で、標高1,900mと非常に高い場所に位置します。

「ティピカ・メホラード」品種の名前で、現地で呼ばれている俗称になります。 「メホラード(Mejorado)」はスペイン語で、「改善された」「上物の」という意味があります。 ロス・アンヘレスマイクロミルが所有している農園で栽培しているティピカ亜種の中でも、古く、味わいが素晴らしいものから種を選抜し、栽培しているものを「ティピカ・メホラード」と現地では呼んでいます。

今回ご紹介するこちらのロットは、『50パウンズ・エリート・コーヒー・プロジェクト』と呼ばれているもの。コスタリカの輸出会社であるエクスクルーシブコーヒーで始まったプロジェクトで、通常1俵(60〜70s)で取引されるコーヒーを、50パウンズ(約22.6s)で取引することで、品質やトレーサビリティ(生産履歴)を徹底的に管理するというものです。
い品質とトレーサビリティが確保されているもののみが、50パウンズ・エリート・コーヒーとして認められます。

【生産者】ルイス・リカルド・カルデロン・マドリガル、カルデロン・カスティージョ一家
【農園】ドン・カイート
【マイクロミル】ロス・アンヘレス
【地域】タラス、ドタ
【標高】1,900m(農園)
【品種】ティピカ・メホラード(産地での俗称)
【生産処理】ホワイトハニー、アフリカンベッドでの乾燥