HOME > コーヒー豆 > CostaRica(コスタリカ) / Salaca(サラカ)

ウェストバレー地区より、レッドハニープロセスのご紹介!

CostaRica(コスタリカ) / Salaca(サラカ)

CostaRica(コスタリカ) / Salaca(サラカ)

おすすめ

100g850円(税抜)

[85ポイント進呈]

挽目
グラム数
数量
レビューを書く
POINT10%
  • ※ポイント10%還元 >ポイントについて
  • ※コーヒー豆のみ送料無料(400gまで)
  • ※12時までの注文で当日出荷

BEANS INFO

ロースター(焙煎士)コメント

レッドハニープロセスによって、酸と甘さのバランスの良いコーヒーになっています。

ROAST 焙煎度

焙煎度

甘さと質感のいきる中煎りです。

  

ACIDITY 酸味

酸味

柑橘系の明るい酸味があります。

FLAVOR フレーバー

フレーバー

中煎り。オレンジやチェリー、チョコレートの風味。明るい柑橘系のアシディティ。
シロップのような質感で、後味に甘さが残ります。

オススメ抽出スタイル:エアロプレス

エアロプレスによって、甘さやシロップのような質感がより表れます。

★エアロプレス抽出レシピは こちら

エアロプレス

ORIGIN INFO

ウェストバレー地区より、レッドハニープロセスのご紹介!

海抜1,700mに及ぶ高地にあるウエストバレー、ナランホ地区、ララノ・ボニートにサラカ農園は位置しています。1983年当初はありふれた農園で、主に家畜用の牧草を育てる牧草地として運営されていましたが、コーヒーの魅力に感動したグイド・サラサール氏は、妻のマリアと共にコーヒー栽培へと転向しました。
現在ではマリア氏のマネージメントの下、高品質コーヒーを栽培するために入念な作業が行われ、品種ごとにロットが管理されています。2012年にはカップ・オブ・エクセレンスに入賞を果たしました。

一家の自然環境に配慮した農園管理は素晴らしく、ミルからもたらされたパルプ(果肉)やパーチメントは牧草地への肥料や、家畜の飼料として有効活用されています。

【生産者】グイド・サラサール、マリア・サラサール
【農園】サラカ農園
【マイクロミル】モンテ・ブリサス
【地域】ウェストバレー、ララノ・ボニート、ナランホ
【標高】1,750m
【品種】カトゥーラ、ビジャロボス
【生産処理】レッドハニー