2018.05.24アイスコーヒー

アイスコーヒーミックス2018発売間近!ただいまブレンド検討中です!

Pocket

さて、2018年も夏間近!ということで、ROAST WORKS では、アイスコーヒーのブレンドを着々と進めております!

アイスコーヒーミックス2018

ICE COFFEE MIX 2018 ただいまブレンド検討中!

スペシャルティコーヒーを使用したブレンドの方法は、過去のエントリー【スペシャルティコーヒーのブレンドを作るということ】にて詳しく書いていますので、そちらをご参照ください。

以下、簡単に抜粋します。

1、コンセプト:
例えばフードとのペアリングで『〇〇と一緒に飲みたいコーヒー』や、シチュエーションとのペアリングで『こんなシーンで飲みたい』など、大まかなコンセプトを決めていきます。

2、イメージ作り
コンセプトが決まったら、イメージづくりです。ここではさらに具体的な【飲む時間】や【飲む人】【飲む場所】などを想像していきます。

3、キーワード
イメージに合わせて【酸味】【後味】【フレーバー】などのキーワードを決め、どのコーヒー豆をブレンドに使用するかを選定していきます。

アイスコーヒーミックス2018も、上記ルールの上でただいま配合を調整中です。

ベースのコーヒー豆はこちら

2018年のブレンドは、以下の豆をベースに作成中です。

候補豆1、「ブラジル/パッセイオ」

ローストアーモンドやシトラスの風味が特徴の ブラジル パッセイオ は昨年のアイスコーヒーでも使用した豆です。滑らかな質感と、チョコレートのような甘さが出せるため、2018年も候補に入れました。

候補豆2、「ルワンダ/シンビ」

中煎りで、アップルやベリー、グァバのような風味が特徴のフリーウォッシュト
とろみのある質感と、後味の甘さを、ブレンドでどう活かせるかがポイントになります。

候補豆3、「ペルー/セコバサ」

ダークチェリーやナッツの風味の中煎り豆。
アイスにするとキャラメルのような甘さが引き立つ、ペルーのトップクオリティロットです。

候補豆4、「コロンビア/サンチュアリオ」

柑橘系の華やかな酸味が特徴の中煎り豆。
マンダリンオレンジやレッドベリーのような風味で、ブレンドに瑞々しさをプラスできるかがポイント。

候補豆5、「ルワンダ/バフ」

ダークチョコレートやナッツ、プラムのフレーバーの深煎り豆。
黒糖のような甘みがあるため、アイスコーヒーの味に深みが出ることを期待。

2018年も美味しいアイスコーヒーをお楽しみください

上記はあくまで候補豆ですので、実際になにを使うかは、アイスコーヒーミックス2018完成のタイミングでまた発表いたします。

今年も皆様に美味しいアイスコーヒーをお届けするべく、もう少しの間、試行錯誤を続けてまいります。

ぜひご期待ください!

発売前にレシピの復習はしておいてくださいね

アイスコーヒーの抽出レシピは下記ご参照ください。

ハンドドリップで淹れるアイスコーヒーはこちら
→ アイスコーヒー淹れ方ガイド ハンドドリップ

フレンチプレスで淹れるアイスコーヒーはこちら
→ フレンチプレスで作る風味豊かなアイスコーヒー

エアロプレスで淹れるアイスコーヒーはこちら
→ 短時間で出来る美味しいアイスコーヒーの作り方

Pocket

SERVICE